第45回元祖宮古鮭まつりに参加

 

12月18日(日)

 

今回久しぶりにブログ担当します福田です。

 

今年も参加しました「第45回元祖宮古鮭まつり」です。

昨年と同様の津軽石川河川敷会場で開催となりました。

今回出場するのは当現場の犬塚社員です。

 

9時から鮭つかみ捕り券販売開始の為、8時に会場入りし列に並びました。

つかみ捕りは50名毎に時間割で行うスケジュールとなっており、10時から13時まで1時間おきに4回予定されていました。

犬塚社員と私で早めに並んだつもりでしたが、券を購入してみると66番目で11時からの部となりました。

後で聞いた話では先頭に並んでいた人は5時半から並んでいたようです。

今年は鮭漁が不良のようで、家族や仲間内での複数参加が目立ちます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

開始までの待ち時間、「新巻鮭ラーメン」や「サーモンスティック」で腹ごしらえを済ませて、津軽石川に浮かぶスワン(白鳥)を眺めたりして決戦を待ちます。

 

新巻鮭ラーメンとサーモンスティック
新巻鮭ラーメンとサーモンスティック
Exif_JPEG_PICTURE
津軽石川に浮かぶスワン

 

30分前には決戦に備え胴長に着替えます。

普段着ない胴長、大人二人に手伝ってもらい装着完了。決戦前、犬塚社員は余裕の表情です。

彼は何かをやってくれそうな気がしますが。。。

 

胴長着用中の犬塚写真
胴長着用中の犬塚社員
Exif_JPEG_PICTURE
決戦前、余裕の表情犬塚社員

 

老若男女入り乱れて決戦が開始されます。

犬塚社員最初は戸惑っていたようですが、意外と普通に70cmオーバーの鮭をゲット!大きな鮭を選ぶ余裕もあったようです。

残念ながらこちらの期待には答えてくれませんでした。

 

決戦開始!
決戦開始!
Exif_JPEG_PICTURE
犬塚社員鮭ゲット!

 

鮭ゲットは調子よくすませた犬塚社員でしたが、本番後に笑いの神様が降臨でした。

なんと、胴長を脱ぐのに悪戦苦闘しまたもや大人二人がかりで脱がせてもらいます。

その姿、まさしく神ってました。(笑)

 

悪戦苦闘の犬塚社員
悪戦苦闘の犬塚社員

 

最後は応援にかけつけた社員で記念撮影。

 

左から田老北:折田、松山IC:辻、犬塚、福田、金浜:蔵澄

 

ゲットした鮭を捌くのはやはり辻所長です。

手慣れた手つきで捌きはじめ、所要時間約30分で三枚におろし切身にしてもらいました。

切身は宮古の各現場におすそ分けしました。

辻所長、犬塚社員お疲れ様でした。夜ご飯に美味しく頂きました。

 

鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長

 

 

 

 

 

献血に協力

 

今回担当します複数回献血登録の辻です。

 

12月14日(水)

 

会社で使用しているPCメールに日本赤十字社から「献血のお願い【陸中ビル】」のメールが届いたので、福田、犬塚に協力依頼し時間調整して行ってきました。

 

私は、今回で20回目の献血でした。

 

1年ぶりの献血の犬塚
左から辻、犬塚→この後遅れて福田も実施
左から辻、犬塚→この後遅れて福田も実施

 

 

社内釣り大会「アイナメフェスティバル」開催

 

今回ブログ担当の辻です。

 

美山統括の提案で開催が決定。

実行委員長に犬塚社員が指名され、宮古地区の4現場(田老北、崎山、松山、金浜)に参加者を募り、7名のエントリーで開催する事となりました。

%e8%b3%87%e6%96%991_%e9%ab%98%e6%b5%9c%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%ab%e6%a1%88%e5%86%85

 

★参加者リスト

氏  名 所属現場 備  考
美山 勝之 仙台支店統括
平尾 好文 国道45号田老北地区道路改良工事
高田 弘樹 国道45号田老北地区道路改良工事
秋 秀一郎 崎山一の渡地区道路改良工事
辻  信一 松山IC道路改良工事 H28アイナメマスター
福田 直人 松山IC道路改良工事
犬塚 祐樹 松山IC道路改良工事

 

去年の釣果では、この時期産卵期に当るアイナメは浅い所で数釣りが出来たのですが、今年は台風10号の影響か、渋い釣果の為最低限の長さは設けずに釣りあげればチャンスがあるように設定しました。

 

この日の潮位は、「中潮」でAM6:58に満潮、大会時間が6:00~10:00ですので、始まってすぐに潮が止まり、動き出すのが9:00頃というタイミングです。

 

早朝6時に集合し、フライト順のくじ引き後各々最初の釣場に移動。

釣り開始直後に携帯電話のLINE(大会用にグループ設定)に着信。

美山さんが24cmをまず確保。暫定1位となります。

%e5%86%99%e7%9c%9f1 %e5%86%99%e7%9c%9f2

 

その後は、沈黙の時間が続き潮が動き出すタイミングで、潮通りが良い北側エリアに移動し、水面の変化を観察しながら一発逆転の大物に的を絞って、中層を泳がせるルアーで狙っていくと、目測で60m先ぐらいに小魚の群れが泳いでいる変化を確認。

そこへ向けて遠投し、リールを巻き始めてすぐに「ズドン」と重たいアタリが。

これが「たまらんバイ」の瞬間です。

ロッドワークとリールのドラグを調整しながら、丁寧に慌てず手前に寄せ、網ですくうのを近くで釣っていた平尾さんが手伝ってくれて無事ネットイン。

思わず叫びました。「ヨッシャー」。計測結果は、ジャスト50cm。

ラスト30分の展開に、ドラマをメイクした自分、もっているなぁと思ってしまいました。

%e5%86%99%e7%9c%9f3 %e5%86%99%e7%9c%9f4

 

暫定1位だった美山さん、ガックリの様子。

%e5%86%99%e7%9c%9f5

 

最後まであきらめずにキャストを続けるみんな。

%e5%86%99%e7%9c%9f6

 

がしかし、その後竿が曲がることは無くタイムアップ。

アイナメマスターの名に恥じない結果を残し、優勝をいただきました。

 

今後もこんなレクリエーションを企画していきたいと思います。

中下:辻、左上から犬塚、平尾、高田、美山、秋、福田