第15回宮古毛ガニ祭り

 

今回担当する辻です。

 

2月26日(日)

 

自分にとっては、今年で3回目の毛ガニ祭り。

今回は、同僚とでは無く地元のダーツ仲間に誘われて5人で行きました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

10時30分からの「山口太鼓演舞」を見て、途中自由参加で太鼓を叩く事が出来たので参加させていただきました。みんなで叩くと気持ちよかったですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f2 %e5%86%99%e7%9c%9f3

 

海風で体が冷えたので、「毛ガニ汁」と「毛ガニラーメン」で温まりました。

%e5%86%99%e7%9c%9f4

 

 

 

 

第45回元祖宮古鮭まつりに参加

 

12月18日(日)

 

今回久しぶりにブログ担当します福田です。

 

今年も参加しました「第45回元祖宮古鮭まつり」です。

昨年と同様の津軽石川河川敷会場で開催となりました。

今回出場するのは当現場の犬塚社員です。

 

9時から鮭つかみ捕り券販売開始の為、8時に会場入りし列に並びました。

つかみ捕りは50名毎に時間割で行うスケジュールとなっており、10時から13時まで1時間おきに4回予定されていました。

犬塚社員と私で早めに並んだつもりでしたが、券を購入してみると66番目で11時からの部となりました。

後で聞いた話では先頭に並んでいた人は5時半から並んでいたようです。

今年は鮭漁が不良のようで、家族や仲間内での複数参加が目立ちます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

開始までの待ち時間、「新巻鮭ラーメン」や「サーモンスティック」で腹ごしらえを済ませて、津軽石川に浮かぶスワン(白鳥)を眺めたりして決戦を待ちます。

 

新巻鮭ラーメンとサーモンスティック
新巻鮭ラーメンとサーモンスティック
Exif_JPEG_PICTURE
津軽石川に浮かぶスワン

 

30分前には決戦に備え胴長に着替えます。

普段着ない胴長、大人二人に手伝ってもらい装着完了。決戦前、犬塚社員は余裕の表情です。

彼は何かをやってくれそうな気がしますが。。。

 

胴長着用中の犬塚写真
胴長着用中の犬塚社員
Exif_JPEG_PICTURE
決戦前、余裕の表情犬塚社員

 

老若男女入り乱れて決戦が開始されます。

犬塚社員最初は戸惑っていたようですが、意外と普通に70cmオーバーの鮭をゲット!大きな鮭を選ぶ余裕もあったようです。

残念ながらこちらの期待には答えてくれませんでした。

 

決戦開始!
決戦開始!
Exif_JPEG_PICTURE
犬塚社員鮭ゲット!

 

鮭ゲットは調子よくすませた犬塚社員でしたが、本番後に笑いの神様が降臨でした。

なんと、胴長を脱ぐのに悪戦苦闘しまたもや大人二人がかりで脱がせてもらいます。

その姿、まさしく神ってました。(笑)

 

悪戦苦闘の犬塚社員
悪戦苦闘の犬塚社員

 

最後は応援にかけつけた社員で記念撮影。

 

左から田老北:折田、松山IC:辻、犬塚、福田、金浜:蔵澄

 

ゲットした鮭を捌くのはやはり辻所長です。

手慣れた手つきで捌きはじめ、所要時間約30分で三枚におろし切身にしてもらいました。

切身は宮古の各現場におすそ分けしました。

辻所長、犬塚社員お疲れ様でした。夜ご飯に美味しく頂きました。

 

鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長
鮭を捌く辻所長

 

 

 

 

 

第1回 わんちゃん杯争奪 みちのく船釣り大会 開催

今回ブログを担当します福田です。

 

7/24(日)、宮古市で現場の協力をしていただいている三浦重機さんのご好意により、船釣り大会を開催しました。

 

参加メンバーは次第の通り。

次第
次第

 

 

ルアー釣り艇と餌釣り艇に分かれて、5時から宮古湾付近に出廷。

乗船前に船酔いの心配があるメンバーは酔い止め薬を飲んで挑みます。

 

出船前の運転席にて、酔い止め薬を飲んで余裕の犬塚君です。この余裕はいつまで続くのでしょうか?

 

写真1
酔い止めを飲んだ犬塚君

 

海に出るとウネリが激しく船酔いが心配されます。

天気のほうは、霧が出て寒くジャンバーを着て丁度いいくらいでした。

 

餌釣り艇の状況は…..

強いウネリの中でも余裕の辻さんと期待を裏切り絶好調の犬塚君。

写真2
余裕の辻さん

 

写真3
絶好調の犬塚君

 

まさかの撃沈 美山さんと撒き餌放出の野中さん。

撃沈の美山さん
まさかの撃沈 美山さん
写真5
撒き餌放出 野中さん

その後、二人は復活し納得の釣果だったようです。

復活!!
復活!!

 

ルアー釣り艇は …..

平尾さんの一人舞台でした。アタリも数知れず一人でアイナメ、ソイを釣りあげます。

流石です。

僕はと言いますと….アタリはあるもばらしてしまい坊主で終了(t_t)

写真撮影にも気が回りませんでした。

ルアーマンの秋さんは今回は船酔いしてしまい撃沈でした。。。

 

 

各賞は、大物賞 ― 平尾さん、わんちゃん賞 ― 美山さん、ゲテモノ賞 ― 辻さん となりました。(わんちゃん賞:長さが30cmに近い魚)

集合写真

 

その後、玉石重機さんの労務宿舎にて釣れた魚を調理し、美味しくいただきました。

出船にご協力いただいた三浦重機さんありがとうございました。

僕は是非リベンジしたいと思っています。

写真8 写真9

 

 

 

 

 

春の息吹―タラの芽

4月16日(土)

 

お疲れ様です。今回ブログを担当します福田です。

東北にもやっと春が来ました。本日、タラの芽という山菜をはじめて採取したのですが、現場の辻所長から生えている場所を事前に教えてもらっていたので、たくさんとれました。

タラ_写真1 Exif_JPEG_PICTURE

 

タラの芽は天ぷらがお勧めと所長から教えてもらったので、この日の夜は宿舎にて、天ぷら会をしました。メンバーは東北北部地区所属の若手メンバーです。

 

〈金浜道路改良現場より〉

「あかん」が口ぐせ     蔵澄 敦

〈田老北道路改良現場より〉

ミッションカーは譲れません 坂口 誠人

アディダスは絶対譲れません 折田 好平

〈松山道路改良現場より〉

趣味はダーツです。  横っ飛び 犬塚 祐樹

実はアディダス大好きです       福田 直人

 

 

揚げる前です。食材買い過ぎました。

タラ_写真3

 

 

揚げ物中も横っ飛び気味の犬塚君と折田君です。

タラ_写真4

 

 

タラの芽の天ぷら写真は撮影し忘れていましたので、辻所長から辻家作のタラの芽天ぷら写真を頂きました。

タラ_写真5

 

 

タラの芽は苦味も少なく、身近な山で採取できるので、山菜取りをはじめられる方にお薦めします。採取の際はトゲがあるため、手袋着用で行った方が良いでしょう。

来年もまた、採りに行こうと思います。

 

 

 

 

第44回元祖宮古鮭まつり!

12月20日(日)

今回ブログ担当します辻です。

例年並みの気温になった快晴の空のもと、「第44回元祖宮古鮭まつり」開催です。

今年は震災後初となる津軽石川河川敷会場で開催となりました。

①

8時30分から鮭つかみ捕り券販売開始の為、8時に会場入りすると既に長蛇の列が…

係員の方に尋ねると、120番目ぐらいとのことでしたので一安心。

私の券購入順番まで残り10名程になったところで、田老北の社員:折田君を発見。

自ら並んでしかも私より早く現地入りするとはやる気満々です。

券購入してみると119番目でした。

50名毎に時間割でつかみ捕りを行うスケジュールとなっており、

11時30分からの第3戦が今回の舞台となりました。

② ③

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

1時間前の10時30分に現地集合し、「新巻鮭ラーメン」や

「サーモンスティック」で腹ごしらえを済ませて、決戦に備えます。

Exif_JPEG_PICTURE

今回の代表者2名は、当現場から福田君(左側)と田老北から折田君(右側)です。

胴長は貸出されたものを着用しています。

つかみ捕りは津軽石川の河川内にネットで仕切られた15m四方の中で行います。

水温は、私の触った感覚で8℃ぐらい。

老若男女入り乱れての捕獲がスタート。

二人とも70オーバーのナイスサイズを無事ゲットしました。流石です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

 

応援に駆け付けたみんなで記念撮影。お疲れ様でした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

いかにも自分で捕まえたと言わんばかりのドヤ顔の犬塚君。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

自分の戦いはこれからが本番で、初鮭さばきに悪戦苦闘し、

福田君他みんなの協力で2匹とも切り身にして無事修了。

みんなに配り終えて、疲れましたけど楽しい一日でした。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

椀子そば!

11月7日(月)

どうも!

犬塚です。

 

先週の休日は、盛岡まで椀子そばを食べに行きました。

道中雪が積もっており九州からきた私は驚きの光景でした。

 

1

 

椀子そばは田老北現場と玉石重機さんの中から12名中

経験者を除く9名で挑戦してきました。

目標は手形をもらえる100杯です!

ちなみに15杯で1人前のおそばの量になるので、6.5人前ほど食しないといけません、、、

 

2

 

前半は給仕さんの「どんどん」「まだまだ」等の掛け合いを楽しみながら食べていましたが、70杯あたりから全員笑顔がなくなっていきました。。。

 

3 4

 

しかし!見事全員100杯達成することができました。

おみごとです。

 

5

(手に持っているのが100杯記念の手形です!)

 

ちなみに私個人は137杯

一番食べたのは福田さんで、なんと180杯!さすがです!

 

美味しいおそばを暖かい状態で食べれて心もお腹も温まり、満足な1日でした。

 

 

 

アイナメ料理にチャレンジ!

11月4日(水)

お疲れ様です。所長の辻です。

今回は、宮古湾内で釣り上げたアイナメ料理に初挑戦です。

DSC_0636

去年の12月頃から東北の根魚釣りに出かけて、

50㎝を越えるサイズも釣れていたのですが、

料理するのは自信が無く躊躇していました。

ですが、先日宮古市の地元のロコアングラーにして、釣りの師匠でもある方から、

アイナメのきれいなお造りをいただいたところとてもおいしかったので、

これはリリースしてはもったいないと思い、腕をふるってみる事に。

DSC_0637

いざやってみると、意外とうまく3枚におろせて、

刺身と白身フライでおいしくいただきました。

DSC_0639 DSC_0642